絡繰り箱の開け方

からくり箱とブックはブダペストやセントエンドレなどの観光地でよく見かけるお土産品です。第一次世界大戦までハンガリー領土だった(今はルーマニア)トランシルバニアの木細工で、ハンガリーへ売りにくるトランシルバニア人の木製の土産品の一つです。説明書もついてくるがそれでも時々開けられない時があるからこのビデオを撮りました・・・

 

広告

「絡繰り箱の開け方」への4件のフィードバック

  1. 動画参考になります!
    途中まで一緒な開け方だったのですが、最後の部分が違うみたいです。
    他の絡繰り箱の開け方ってありますか?

  2. 初めまして、鍵のところまでいったのですが鍵が開きません…。
    鍵のでっぱりを下にして穴に入れているのですが、間違いなのでしょうか?他に原因ってあるのでしょうか。
    お答え頂けますと幸いです。

    1. 残念ながら箱が手元にないから確認が難しいです。売っている人が開け方を見せてくれそのビデオを撮りました。鍵の向きは色々やってみると良いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中